アサイベリープラチナアイとめなりはどちらがおすすめ?比較してみました!

アサイベリープラチナアイとめなりはどちらがおすすめ?比較してみました!

 

アサイベリープラチナアイの販売店は?薬局やドラッグストアでも購入できるの?

 

 

アサイベリープラチナアイを始めてから疲れ目がすっきりしました

 

 

アサイベリープラチナアイの口コミを調べてみると
こういった嬉しい報告がとてもたくさん見つかります。

 

 

アサイベリープラチナアイは特に疲れ目やショボショボ、ボヤっと感が
気になる方におすすめの栄養機能食品となっています。

 

 

そんなアサイベリープラチナアイと並んで人気なのが「めなり」という商品です。

 

 

アサイベリープラチナアイとめなりはどちらがおすすめなのでしょうか。

 

 

アサイベリープラチナアイとめなりを比較してみました。

 

 

トップへもどる

アサイベリープラチナアイとめなりの違いは?比較してみました!

 

アサイベリープラチナアイの販売店は?薬局やドラッグストアでも購入できるの?

 

 

アサイベリープラチナアイは疲れ目やショボショボ感が気になる方に
おすすめの栄養機能食品となっています。

 

 

アサイベリープラチナアイは4つのベリーとルテイン、
アスタキサンチンが配合され目の健康をしっかりとサポートしてくれます。

 

 

そんな辛い目の症状に悩んでいる方に「めなり」という商品も
アサイベリープラチナアイとならんでおすすめとなります。

 

 

そんなアサイベリープラチナアイとめなりの違いはあるのでしょうか。

 

 

まずはアサイベリープラチナアイとめなりに共通している
成分をチェックしてみましょう。

 

 

アサイベリープラチナアイとめなりに共通している成分
  • ビルベリーエキス、マリーゴールド色素、ヘマトコッカス藻色素

 

 

アサイベリープラチナアイとめなりに共通している成分は
ポリフェノールが豊富なビルベリーとマリーゴールド色素と表記されているルテイン、
そしてヘマトコッカス藻色素となるアスタキサンチンです。

 

 

アサイベリープラチナアイの販売店は?薬局やドラッグストアでも購入できるの?

 

 

 

これらの成分は疲れ目対策にも働きが期待できますし
ルテインやアスタキサンチンは目のはっきり感、眼病予防などにも
注目されている商品となります。

 

 

アサイベリープラチナアイの販売店は?薬局やドラッグストアでも購入できるの?

 

 

 

次にアサイベリープラチナアイとめなりのそれぞれのおすすめ成分を見てみましょう。

 

 

アサイベリープラチナアイとめなりのおすすめ成分

  • アサイベリープラチナアイ: アサイベリー、ビタミンA
  • めなり: ゼアキサンチン、クロセチン、βカロテン

 

 

まずアサイベリーは目の健康をサポートしてくれる
ポリフェノールがとても豊富なスーパーフルーツとなります。

 

 

アサイベリープラチナアイの販売店は?薬局やドラッグストアでも購入できるの?

 

 

 

アサイベリープラチナアイは名前にもアサイベリーが入っている通り
やはり一番の特長成分となっています。

 

 

またビタミンAは目の健康を守ってくれる働きが期待できる栄養成分となります。

 

 

めなりにもβカロテンが配合されていますが
ビタミンAはそんなβカロテンの前駆体となっています。

 

 

βカロテンは夜間の視力維持を助ける栄養素といわれていますが
βカロテンの効力はビタミンAの1/12ともいわれています。

 

 

そしてめなりの特徴となるのがゼアキサンチンとクロセチンです。

 

 

ゼアキサンチンはルテインと共に網膜に存在している色素のひとつとなり
ルテインと同じく強い抗酸化作用が特長となります。

 

 

またクロセチンは網膜神経を保護する働きが期待でき
目の血流か改善して炎症を抑える働きが報告されています。

 

 

またクロセチンの効果は緑内障予防にも期待できるのではないかと
研究が盛んに行われています。

 

 

めなりにはその他にもビタミンB群、ミネラルといった成分も配合され
目だけでなく健康補助食品としても栄養が豊富となっています。

 

 

めなりとアサイベリープラチナアイは人気の商品ですが
どちらも目の健康をしっかりとサポートしてくれる働きが期待できますよ。

 

 

 


疲れ目やぼやけ、ショボショボ感が気になる方にアサイベリープラチナアイ!



 

 

トップへもどる

アサイベリープラチナアイとめなりはどちらがおすすめ?

 

アサイベリープラチナアイの販売店は?薬局やドラッグストアでも購入できるの?

 

 

アサイベリープラチナアイとめなりの成分の違いを
簡単にご説明させて頂きました。

 

 

アサイベリープラチナアイには豊富な4つのベリーのポリフェノールが特長となり
めなりはクロセチンやゼアキサンチンが目の健康を守ってくれます。

 

 

そんなアサイベリープラチナアイとめなりはどちらがおすすめとなるのでしょうか。

 

 

私の考えとなってしまい恐縮ですがそのお答えは

 

 

どちらもおすすめ!

 

 

となっています。

 

 

 

めなりは目の健康を守ってくれるだけでなく
疲労対策など総合的に身体に良い成分が多く配合されています。

 

 

またアサイベリープラチナアイは目の健康に特化した成分で製造されており
疲れ目や老化防止が気になる方にもおすすめとなっています。

 

 

アサイベリープラチナアイの販売店は?薬局やドラッグストアでも購入できるの?

 

 

 

アサイベリープラチナアイとめなりはどちらも良い商品となっているので
ぜひピンと来た方を選んでみてくださいね。

 

 

アサイベリープラチナアイの効果なしは本当?実際に試してみました!

 

 

 

トップへもどる

アサイベリープラチナアイ服用時の注意点は?

 

アサイベリープラチナアイの販売店は?薬局やドラッグストアでも購入できるの?

 

 

アサイベリープラチナアイとめなりはどちらも目の健康を守ってくれる
うれしい栄養機能食品となっています。

 

 

私はパソコン仕事やスマホの影響で疲れ目が気になっていましたが
アサイベリープラチナアイでとても楽になった事が実感できています。

 

 

そんなアサイベリープラチナアイは服用時にひとつの注意点があります。

 

 

アサイベリープラチナアイ服用時の注意点
  • アサイベリープラチナアイは過剰摂取に注意する

 

 

アサイベリープラチナアイはすでにご紹介させて頂いた通り
ルテインやベリーに含まれるポリフェノール、アスタキサンチンが
特長の目の健康対策に特化した商品となっています。

 

 

アサイベリープラチナアイの販売店は?薬局やドラッグストアでも購入できるの?

 

 

 

アサイベリープラチナアイのパッケージには
1日1粒の摂取がおすすめと記載されていますが
最大で4粒まで摂取目安となっています。

 

 

アサイベリープラチナアイの販売店は?薬局やドラッグストアでも購入できるの?

 

 

 

ただ、アサイベリープラチナアイに含まれている目のビタミンと呼ばれている
ビタミンAは過剰摂取を行うと腹痛や頭痛、めまいといった症状が報告されています。

 

 

そのためアサイベリープラチナアイは摂取目安をしっかり守って
体調を見ながら続ける事が重要となっています。

 

 

アサイベリープラチナアイのビタミンAやルテインは
1粒で1日の摂取目安の30%ほどを摂る事ができます。

 

 

つまりアサイベリープラチナアイは4粒でルテイン、ビタミンAの1日の摂取目安の
120%を摂れるという計算になります。

 

 

アサイベリープラチナアイの販売店は?薬局やドラッグストアでも購入できるの?

 

 

そのためアサイベリープラチナアイは3粒で1日に必要な
ビタミンAやルテインをしっかりと補給する事ができます。

 

 

アサイベリープラチナアイを検討されている方は過剰摂取を避けて
体調を見ながら続けてみてくださいね。

 

 

 


疲れ目やぼやけ、ショボショボ感が気になる方にアサイベリープラチナアイ!